メニュー

ご挨拶

はじめまして。岩崎台おおぐち内科ハートクリニック院長の大口志央(おおぐちしおう)です。当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。私は幼い頃より医療に真摯に取り組む父の姿を見て育ちました。父はホームドクターとしてこの地域で診療をしていましたが、それが当時の私にとって一般的な医者の姿でありました。

国家試験に合格して医師になってからは父と同じ循環器内科に入り、愛知県や静岡県の基幹病院で日本循環器学会認定循環器専門医として研鑽を積んで参りました。ただ当時はクリニックで働くという意識はまだほとんどありませんでした。循環器内科の中でも不整脈領域に興味を持ち、キャリア後半は不整脈専門医として赴任先の基幹病院で不整脈の診断や治療、特に当時はまだ今ほど盛んでなかったカテーテルアブレーションの普及に尽力し、そこに関わるスタッフの育成や他の医療機関との連携、医学の発展に寄与できるよう身を捧げてきました。しかし歳を重ねるにつれ、全人的な医療で皆さまの笑顔や幸福に直接関わりたい、また幼い頃に私の中で思い描いていた本来の医師の姿に立ち返りたいという思いが日に日に強くなり、医師20年目にして父が診療してきたこの日進市でその思いを実現すべく開業を決心致しました。

冒頭に示してあるように当院には軸となる理念が3つあります。地域の皆さまへの思いは今お伝えした通りですが、医学に対する向上心も忘れてはなりません。相見える疾患や病態に対して適切に対応し、その時の最良の治療を提供、紹介できるよう常に勉強していく必要があります。また私一人が気を吐いたところでできる事は限られています。チーム全員が一丸となる事でより大きな目標の達成が可能である事をこれまでの経験で実感しており、スタッフが責任を持って診療に関わり自己実現できる環境を整える事も医療を行う上でとても大切な要素だと考えています。

言うは易し行うは難しと言いますが、信念を持ち続けて取り組んでいればいつか必ずこの理念を実現できると私は強く信じています。当院を受診された方々がご自身に抱いていた不安や疑問を少しでも解消できるよう全力で頑張ります。どうか末長く岩崎台おおぐち内科ハートクリニックを宜しくお願い致します。

経歴

  • 平成16年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
  • 平成16年 名古屋第二赤十字病院研修医
  • 平成18年 浜松医療センター 循環器内科
  • 平成20年 中東遠総合医療センター(掛川・袋井) 循環器内科
  • 平成24年 名古屋大学医学部附属病院 循環器内科
  • 平成26年 春日井市民病院 循環器内科 令和1年より部長就任
  • 令和3年  公立陶生病院 循環器内科部長

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定 循環器専門医
  • 日本不整脈学会 不整脈専門医
  • 日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリ指導士
  • 植え込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)合同研修セミナー研修済
  • 臨床研修指導医講習会受講済
  • 緩和ケア研修会受講済
  • 医学博士

学術業績

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME